薄毛男性の育毛・抜け毛予防対策の体験談|実践して効果があった育毛方法

【36歳男性】
30代前半から薄毛が気なるようになりました。

それまではどちらかというと髪のボリュームや多すぎる量に悩んでいたのですが、その頃には髪は細く弱々しく、ボリュームが全くと言って良いほどなくなっていました。

久しびりに会う友人にそのことを指摘され、しばらく落ち込んだりもしていました。

そんなことがありドラッグストアで育毛トニックを買って朝と夜に使ってみたり、頭皮マッサージをしてみたり薄毛に効きそうなことは手当たり次第に試すようになりました。

しかし、結果はあまり芳しくありません。

薄毛が改善するような兆候はなく、それとともの自分への自信が少しずつなくなり、鏡を見ることや写真を撮られるのが憂鬱になっていきました。

私は職業柄、夜寝るのが大変遅いのです。食生活も不規則なうえにかなり偏ったものでした。

お酒も量を結構飲むばかりでなくほとんど毎日のように飲んでいました。

薄毛だけでなくその頃は体重もみるみる増え、まさに不健康の極み、老化著しい生活を送っていました。

そんな折、会社の健康診断がありました。

結果はいろいろな数値がかなり悪く病院に定期的に通院するだけでなく、生活を抜本的に見直すことが迫られました。

まだ子供も小さく早死にすることは何としても避けたい私としては、そのタイミングで一念発起しそれまでの不健康な生活を一から見直すことにしました。

まず、食生活の改善を試みました。

今までは食べたいものを食べたい時に好きなだけ食べていたのですが、極力油っぽいものは控え、野菜中心の食生活にしました。

また、夜間の食事も量を減らしました。職業柄、夕食はだいたい22時以降だったのですが夜食べるにしても炭水化物は抜き、野菜とスープだけにしました。アルコールもタバコも辞めました。

そして、運動の習慣も身につけることにしました。ウォーキングとストレッチ、筋トレです。

とにかく空いてる時間や隙間時間は意識的に体を動かすことにしました。体が錆びないようなメンテナンスを心がけました。

職場へも車ではなく、自転車で行くことにしました。地味なことをコツコツこなすよう心がけました。

そんな生活を1年ほど続けました。するとどうでしょう。

体重が落ちたことや健康診断の数値が改善したことは言わずもがな、薄毛の改善も見られたのです。

弱々しかった毛に、強さが戻ってきました。抜け毛も減りました。

なんとなく頭皮にも若々しさが戻ってきたのです。私は生活習慣の見直しによる思わぬ副産物に、小躍りを踊りたい気分でした。
【42歳男性】
これは10年くらい前に私が薄毛を気にし始めた頃の話です。

当時はまだ、それなりにファッションや見栄えに気にかけていました。

当然、髪型なども当時の流行を取り入れたりなどして毎日シャンプーをしていました。

私の髪質は本来とても硬く、学生の頃は針金のようなどと言われたこともあり、実際普通にセットするのが面倒な厄介なものでした。

私は厄介ではあったものの、物心つかないうちからカッパ状態だった親父を見ていたので、私は髪の硬い母方の家系が遺伝しているんだな、薄毛には困らないなと安堵しておりました。

しかし、30手前くらいから仕事が激務になり、ストレスが溜まっていき白髪が増えていきました。

当初はやはり白髪になるのかハゲよりはマシだななんて思っていたのですが、しばらくしてあるとき久々に会った友人より「なんか薄くなってない?」と言われて多少青ざめました。

白髪混じりでかつ薄くなってきていたのです。ただ、当時は本当に激務で何か対策をしようという気力さえ湧きませんでした。

それから数年は徐々に悪化しているようで、いつの間にか思考停止して髪の毛のことを考えなくなっていました。

そんな折に異動で全く土地勘のない地方都市に半年ほど飛ばされたのですが、ここでは完全な食事賄いつきの寮のような生活をすることになりしかも相部屋となってしまいました。

幸い、仕事量はぐっと減り、食事も自炊していたときのコンビニ飯に比べてとても改善しました。

しかし、困るのは相部屋ということで性の悩みがあったことです。自分で処理するタイミングが休みの日くらいしかなくそれなりに困っていました。

ただ、時間があったのでストレッチや軽いジョギングをして健康にはだいぶ意識が向くようになりました。

「何か若返って帰ってきた」と言われたのは、半年後にまた都心に戻ってきたときのことです。

確かに体力的や精神的に以前よりずっと余裕があったのですが、ある時鏡の自分を見てみると髪が戻ってると思いました。

正直、この何年かは髪の毛のことなど考えなくなっていたのですが、確かに太くそして黒黒としていることに気づきました。量が増えたというよりも強くなったという感じです。

今もそれなりに激務にまた戻ったのですが、振り返るにストレスが薄毛(細毛)につながるのは間違いないように思います。

それとどうも自慰の頻度というのはその後の私のよりプライベートな反省から関係がありそうです。ストレスフルで負の循環に陥ると益々負の循環に陥り、薄毛に至るというのが私の結論です。

今私は40を越えましたが、周りを見渡すと全然マシな方のようです。

私は30そこそこで一瞬諦めかけたのですが、今振り返るとあそこで健康ということに意識が向いて、また環境変化というラッキーもあってつくづく運が良かったなと思います。

どなたかの参考にしていただきたいので、恥ずかしながら記しておきます。


リアップX5プラスを1年使って髪の毛が生えた体験談|ミノキシジルは生える